Yorikoおすすめ過去記事
「カッコいい大人になろう!」

人気記事
    応援クリックお願いします🎵 yorikoへの応援ありがとう♪ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ

    2017年04月02日

    「薄場先生 ありがとう」

    八戸の宝 皮膚科の名医 薄場先生が90歳でお亡くなりになりました

    全国から たくさんの患者さんが来て 私が勤務しているホテルにも

    患者さんが お泊りでした 

    私も仕事柄 手荒れがひどく 近くの皮膚科に通院していたのですが

    なかなか治らず 悪化するばかりで とうとう親指の付け根が 

    ざっくり割れて 肉が見えてきて かゆくて 痛くて もう我慢の

    限界を超えた時 薄場皮膚科に行きました

    初めて行ったときは 3時間待ちました



    待っているだけで 本当に疲れて もう二度と来たくないと

    思ったほどでしたが 自分の番になると

    丁寧に見ながら 話を聞き 先生の資料のようなものを出して

    写真を見ながら 看護婦さんに 説明を始めました

    私の状態について どういう症状で 何が原因で・・と

    そこで 講義を始めた感じで 驚きました



    普通の病院なら 患者の状態を見て それほど説明もなく

    お薬を出して 様子を見てくださいという感じですが

    薄場先生は違いました



    また 違う症状で

    二度目に行ったときは どうしてそうなったのか

    原因を聞いて 納得して 

    「あ〜 原因はそれだ!」と おっしゃって

    「その仕事 治るまで変わってもらえないの」といわれ

    職場の仲間に話すと 快く変わってもらえ

    今では 再発することもなく きれいに治ったままです



    あの 耐えられない かゆみと痛さを治す薬は

    他の病院で出される薬とは 全く違いました



    他の病院の薬は なにか刺激によってかゆみを抑えるのですが

    すぐに またかゆくなる という繰り返しです



    薄場先生の調合した薬は 刺激がないのに かゆみが収まるのです

    かゆくて かゆくて かきむしって血が出て

    その後は 痛くて 痛くて かいたことを後悔するという繰り返し



    でも 薄場先生に見てもらってから そういうことが 全くなくなり

    どんどん 治っていきました



    私が最後にお目にかかったのは 88歳くらいの時だったんでしょうね

    お肌はつやつやで 清潔感があって 若々しくて とてもそんなお歳には

    見えませんでした

    とても お元気そうだったのに 新聞を見て 

    先生がお亡くなりになったことを知り とてもショックでした



    全国的にも たくさんの患者さんを抱えていた先生の死は

    まだ ご存知ない方も いると思いますが

    きっと 同じように ショックを受けていることでしょう



    合言葉じゃないけど

    「先生 まだ 生きていますよ」

    「先生が 生きているうちに ちゃんと治療して

    お薬もらわなきゃ」と 冗談のように話していたのは

    まだ お元気そうで これからも 変わらず

    診てもらえると思ったからで・・・



    本当に 残念です

    八戸から 本当の名医が一人お亡くなりになったことは

    大きな宝を失ったようなものです



    長い間 身を粉にして 研究し 診察し 指導し 治療し

    多くの患者を 苦しみから救ってくださった先生に

    心から 感謝申し上げます



    長い間 本当に お疲れさまでした

    ありがとうございました  ありがとうございました
    posted by YORIKO at 20:30 | コメント♪(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    応援クリックお願いします🎵 yorikoへの応援ありがとう♪ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ





    人気記事
      記事一覧